• 東京都江東区亀戸 眼科亀戸クリニック
  • ご挨拶
  • 院長プロフィール
  • 診療のご案内
  • 施設のご案内
  • 地図
  • 目の病気
  • コンタクトレンズ
  • 関連リンク集

施設のご案内

施設概要

江東区 眼科亀戸クリニック

住所:〒136-0071 東京都江東区亀戸6-58-12 Y&S亀戸共同ビル3階
電話:03-3682-9973
FAX:03-3682-9973

診療室

診療室

ビジュアルアイクリニックをいつも心がけており患者さんと一緒にモニターに映った患部を見ながら説明し理解を深めていただくように努力しております。

デイトナ(オプトス社 / 英国)


Optos Daytona

眼科専門医の間で話題の夢の超広角レーザー検眼鏡 Optos Daytona 導入!!

特徴
・超広角走査レーザー検眼鏡による無散瞳画角200度撮影(通常の眼底カメラは30度)

0.4秒で無散瞳(瞳を開く薬を使わない非接触(注1))にて画角200度(通常の眼底カメラは画角30度)、一度に網膜の80%をカバー出来る範囲を撮影できる夢のマシンです。

画角の比較

あらゆる眼底疾患を即座にチェックできます。

症例

たまたま撮影して網膜剥離など重大な病気が発見されることも非常に多く、加齢黄斑変性、中心性漿液性脈絡網膜症など黄斑部が障害されて視力が低下する疾患なども造影剤なしの自発螢光モードで即座にチェックできます。
注1)散瞳による待ち時間、一時的視力障害、薬剤アレルギー反応、狭隅角の存在による急性閉塞隅角症の誘発回避(但し、最周辺部に精査が必要な場合には散瞳下の検査を行います。)

症例の比較
左:加齢黄斑の症例。
Optomap af 画像、地図状萎縮および病変と周辺部の間の自己蛍光パターンの異常を示している。
右:正常

ハンフリー

ハンフリー

緑内障、頭基内疾患などの診断に欠かすことのできないハンフリー(最高級視野計)です。

シラス HD-OCT(カールツァイスメディック社・米国)

~当院では、網膜のCTともいえる最新のOCTを導入いたしました~

緑内障の早期検出も可能となります!

OCT検査では、網膜の視神経線維層の形態を調べます。緑内障眼においては、しばしば視野異常の検出に先立って、視神経線維層の欠損が検出されます。

視神経乳頭周囲の視神経線維層

視神経乳頭周囲の神経線維層の厚さを解析

正常眼例

緑内障眼例

OCTの導入により、さまざまな網膜疾患や緑内障の早期発見・早期治療が可能となりました。
ご不明な点は、医師またはスタッフまでお問い合わせください。

Superior ARK-1

~パソコンや携帯で疲れている方へ!Superior ARK-1を導入しました~


Superior ARK-1

目の使いすぎで首や肩のこり、頭痛、イライラ感などの症状を感じる状態を『眼精疲労』といいます。
眼精疲労の度合いは主訴があっても、通常の検査では定量的に表しにくいのが現状です

AI アコモドメーターで調節力をチェック!!

調節力とは、物体の像を鮮明に網膜上に結ばせるために眼の屈折力を変化させる作用がどれくらいあるかという「ピントを合わせる力」のことです。

AIアコモドメーター機能
AIアコモドメーター機能 AIアコモドメーター機能
測定中 測定結果

調節測定にて得られた最大レフ値と最小レフ値の差で調節力を算出します。

※AA-2は調節微動高周波成分にて評価します。

調節力が少ない場合(症例検討)

年齢・調節力曲線
年齢・調節力曲線
データ提供:梶田眼科 梶田雅義先生

学童:仮性近視
成人:テクノストレス(IT)眼症
40代以上:老眼

徹照像撮影&NIDEK Cataract Index

眼透光体の混濁状態を把握、白内障による水晶体の混濁をチェック。

徹照像観察モード 徹照像観察モード
混濁が重度の眼 混濁が軽度の眼

≪原理≫
眼底からの反射光を利用しています。
眼透光体の混濁があれば、混濁部分が影になることで状態を把握できます。
混濁度合いについては、mmと%で表示されます。

COI.H: 中心部直径3mm領域内の混濁部分の大きさ(高さ方向の直径):mm
COI.A: 中心部直径3mm領域内の混濁している領域の割合:%
POI: 周辺領域全周のうち混濁している領域の割合:%

Central 3mm area opacity index : COI
Height and Area
Peripheral opacity index : POI

TONOPACHY

~TONOPACHY(非接触眼圧/角膜圧計)を導入いたしました~


TONOPACHY

眼圧は角膜の厚さによって変わります。
今までの眼圧計で対応できなかったレーシック後の眼圧測定も可能です。

眼圧補正機能

中心角膜厚と眼圧を測定することで、眼圧補正値を自動計算し、表示することが可能です。

視神経乳頭周囲の視神経線維層

LASIK術後眼は、角膜切除による菲薄化、扁平化により、術後の眼圧値が実際より低くなる。
そのため、眼圧以外の眼底や視野検査を併用する等の工夫が必要です。

角膜厚測定機能

シャインプルークの原理を用いて中心角膜厚を非接触かつ短時間で測定することが可能です。
点眼麻酔薬を必要としないため、患者様の負担が軽減されます。
また、3Dオートトラッキング&オート測定を採用することでより精度の高いデータの取得が可能になりました。

眼位に異常があったりすると目に負担がかかり、眼精疲労の原因になります。
物がかすんで見える、見えにくい、目が重い、目が痛い、目が疲れる、まぶしい、涙がしょっちゅう出る、目が赤くなる、目が乾く、物が二重に見える、などです。

パソコンでの作業を長時間続ける場合は、パソコンの距離用に調節したメガネやコンタクトを使用すると目が楽になることがあります。
パソコンで1時間の連続作業をする場合は、15分くらいの休みを取ると良いでしょう。
休みがとれないなら、コピーをとるなど他の仕事をはさんだり、時々窓の外をぼんやり見たりするなど、目を休める工夫をしましょう。

パソコンなどのVDT作業が、ドライアイの原因になることがあります。
目の疲れにくわえて、ショボショボ感、目の乾き、ゴロゴロ感、充血、まばたきが増える、などです。
環境によっては涙がポロポロでます。目が乾いて涙の膜の保護作用が減ると、少しの刺激でも涙がたくさんでるからです。