• 東京都江東区亀戸 眼科亀戸クリニック
  • ご挨拶
  • 院長プロフィール
  • 診療のご案内
  • 施設のご案内
  • 地図
  • 目の病気
  • コンタクトレンズ
  • 関連リンク集

診療のご案内

診療ポリシー

患者さんにとってその段階で最良と思われる治療を提供すること。たとえば白内障の手術一つにしても、近くの病院で日帰り手術を希望する人もあれば、大学病院での手術を希望する人もいるため、疾患と患者さんのニーズに合った提携病院への紹介を心がけております。

診療内容のご紹介

  • 一般眼科
  • Optos Daytona(超広角走査レーザー検眼鏡)によるすべての眼底疾患の早期発見と治療
  • OCTによる緑内障の早期発見と治療
  • 糖尿病性網膜症の診断とレーザー治療
  • VDT操作などに伴う眼精疲労やドライアイの診断と治療
  • コンタクトレンズ処方、指導
  • 適切な眼鏡処方と指導
  • OCTによる加齢性黄斑変性症の診断と治療
  • 眼精疲労、各種眼底疾患に対する適切な漢方薬治療
  • ワック(視力回復訓練、眼精疲労軽減装置)による視力回復訓練
  • 眼瞼痙攣(まぶたのピクピク)に対するボトックス治療
  • 涙点プラグ(液体コラーゲンプラグ)によるドライアイ治療

ワック(眼精疲労軽減装置)のご紹介

ワック

当院では下記のような方にワックによる遠方順応を行っております。

  • 近業(読書、勉強、VDT作業、ゲーム、他)で目が疲れる人
  • 視力が最近急に低下してきた人
  • 眼鏡の度が毎年進む人
  • 仮性近視と診断された人
  • 学校検診で視力低下を指摘された人 など

シラス HD-OCT(カールツァイスメディック社・米国)のご紹介

~網膜(黄斑部)疾患・緑内障の早期発見・早期治療のために~
網膜は外界の情報を脳に伝える眼球内で最も重要な働きをする組織です。網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑浮腫、黄斑円孔、加齢黄斑変性などの疾患により、網膜及び網膜の中央に位置する黄斑部に異常をきたすと、視力低下や歪見、視野の一部あるいは中心部欠損など視機能に障害を及ぼします。
また、網膜はごく繊細な細胞層で構成されているため、疾患の発見が遅れると元の良好な視力や視野を取り戻すことは困難となる場合があります。

当院では、眼内のCTスキャンともいえる断層解析装置、OCTを導入しました。
これまでの眼科機器では発見の困難な網膜深層部の病変を断層画像で捉えることができ、早期発見が可能となります。
本装置による検査は薬剤を使用せず、また検査部が眼に触れないため安全で痛みを伴うこともありません。

OCTスキャナー

OCTスキャナー

網膜(黄斑部)疾患のOCT画像例

加齢黄斑変性 黄斑浮腫
加齢黄斑変性 黄斑浮腫
 
黄斑円孔 網膜剥離
黄斑円孔 網膜剥離

受診案内

診察時間: 10:00~13:00、15:00~19:00 (休診日:木曜午後、日曜・祝日)
待ち時間: 約10分~
予約制: 有(レーザー治療のみ)
紹介状: 不要
問診票: 初めて来院される方は予めプリントアウトして記入されてから来院されますと、受付が迅速に行えます。
問診票[PDFファイル:88KB]

お知らせ

この度、発券機システム(Good楽受付)を導入しました。

Good楽受付

  • 待合室の混雑を緩和するため。
  • 待ち時間を有効利用していただくため。
  • 外出先でも携帯電話やパソコンで順番確認できます。

ご迷惑おかけしますが、ご協力お願いいたします。

QRコード

携帯・スマートフォンは左のQRコードをご利用ください。

おねがい

お手数ですが、外出するとき、戻られた時には必ず受付にお声を掛けてください。

スタッフ

眼科亀戸クリニックスタッフ

患者さんに納得していただけるように心をこめた対応を心がけております。
目のことでご心配なことがありましたら、どうぞなんなりとご相談ください。